松本真理子 MATSUMOTO Mariko 博士(心理学)

名古屋大学・心の発達支援研究実践センター、教授

■ 学歴
名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期修了

■ 取得学位
博士 (心理学)

■ 現在の専門分野
児童・思春期臨床心理学

■ 現在の研究テーマ
現在取り組んでいる研究テーマは大きく次の4つに分けられます。
第1のテーマ:子どもの臨床心理アセスメントに関する研究

特に,ロールシャッハ法や描画法など投影法を用いたアセスメントに関する研究を行っています。言語能力の未発達な子どもにアプローチする手段として非言語的な媒介は、子どもの心への接近方法として極めて重要です。子どもにとってそうした非言語的表出は、アセスメントとしてだけではなく心理援助の手段としても有効な方法になります。子どものロールシャッハ法については、国際比較研究を通して日本人一般児童の心理的特徴を解明してきました。現在は院生とともに動的学校画や文章完成法、イメージ連想法などの国際比較研究と臨床事例研究を継続しています。


第2のテーマ:子どもを取り巻く環境と心の健康支援に関する研究

子どもに対する高福祉国家で有名なフィンランドの研究者と共同で小・中学校の学校環境と子どもの心の健康に関する国際比較研究を院生とともに継続しています。子どもの心の健康にとって家庭と学校は大きな影響を与える環境です。どのような環境が子どもの健康な心の成長にとって大切なのか、そして臨床心理学はどのような支援ができるのか、ということを検討しています。今後はヨーロッパ・アジア圏他国との比較研究も計画しています。


第3のテーマ:心の減災心理教育のプログラム開発

名古屋大学減災連携研究センターとの連携研究です。近い将来に発生することが予想されている東海・東南海・南海地震に備えて、心の備えのための心理教育授業を開発し試行実践研究を院生とともに行っています。これは心の減災というストレス対処のみでなく、自己回復力、自尊感情の向上や対人関係能力の育成に繋がるプログラムとして現在も継続開発中です。


第4のテーマ:発達障害児および発達障害学生の支援に関する研究

発達障害児の個別支援に関する研究は,これまで大学院での小学校特別支援学級における実習を通して,実践活動を行ってきましたが,今後は,モンゴルにおける発達障害児支援についてモンゴルの研究者との共同研究を発達障害児支援プロジェクト(発達心理精神科学教育研究センター)とともに進める予定です。また発達障害学生については本学学生相談室臨床心理教員とともに,本学学生支援の一環として進める予定です。


以上の研究を統合することによって、子どもの心の健康を支え、子どもの未来に少しでも貢献できることを願って、日々研究・実践を続けています。